なぜアレルギー症状が現れ、センソリセラピーがそれを改善できるのか

センソリセラピストの返田麗子です。埼玉県浦和市で、センソリセラピーの専門サロンであるミラクルシャインを運営しています。

この記事では、アレルギーの原因となる物質や現象を特定し、それ自体を身体と切り離すセンソリセラピーについて解説しています。

薬を飲んだり、塗ったり、患部を保湿するといった、すでに現れている症状への対処ではなく、アレルギー自体が起きなくなる身体を痛みや副作用なく作るのがセンソリセラピーです。

これまでにいろいろな方法を試しても効果がなかった方に、ぜひ一度センソリセラピーを体験していただきたいです。対処療法とはまったく違うアプローチですので、今までと違った効果が期待できます。

脳の誤認識がアレルギー反応に!後天的に誤認識することも

まずアレルギーがどういうものか、あらためて解説します。アレルギーとは、一言でいえば脳の誤認識です。

本来なら身体に害がない物質や現象を、脳が身体に悪いものだと間違って認識して、それにより様々な負担が身体にかかり、その結果として多くの種類の不調に陥ります。

かつて私は、ビタミンBに対するアレルギー反応、つまり脳の誤認識がありました。これをセンソリセラピーで正したところ、胃と肌の調子が良くなったんですね。

ここで大切なのは、こうした誤認識は必ずしも先天的に持っているわけではないんです。もっと後になって、後天的にエラー反応を起こすようになってしまうこともあります。

というのも、私は高校生のころニキビに悩んでいて、ニキビを治すためにビタミンBのサプリメントを毎日必死に飲んでいたんです。

今にして思うと、ニキビへの強いストレスがあり、それがビタミンBと結びついて、脳がビタミンBを悪いものだと誤認識してしまった可能性が高いです。

そのためビタミンBを摂取すると身体がエラー反応を示し、胃や肌が不調になるというわけです。

もう一つ、本人の行動やメンタルが、エラー反応に結びついた例を紹介します。

とある方は、猫アレルギーがありました。ご本人はずっとその原因を分からないでいたのですが、猫アレルギーを解除するセンソリセラピーの施術中、突然2~3歳くらいのときの記憶がフラッシュバックしました。

自分の不注意により飼い猫を死なせてしまったことがあり、その強い罪悪感とストレスが、猫と結びついて猫アレルギーになってしまったのです。

このように、物質や現象といった様々な要因が強いストレスと結びつき、脳の誤認識とリンクしてしまうことはよくあります。

このあたりは、センソリセラピーの提唱者であるノーリン・ドーン医師が、いくつも論文として発表しています。

身体のエラー反応には様々な種類がある

脳の誤認識により起こる身体のエラー反応には、いろいろな種類があります。

咳やくしゃみ、鼻水が出たり、肌が荒れたりするのは、一般的によく聞くアレルギー反応だと思いますが、それ以外に胃腸の調子が悪く、下痢や便秘が続くなど、アレルギー反応と自覚しにくいものもあります。

よくあるのがカフェインやアルコール。先ほど解説したように、これらは仕事などのストレスと結びつきやすいです。

仕事が大変な時期にストレス発散、気分転換にコーヒーや紅茶、お茶をたくさん飲んだり、仕事後にたくさんお酒を飲んでいたりすると、脳の誤認識につながってしまうケースが考えられます。

特にカフェインの事例は多く、なんとなく胃の調子が悪いなと感じているのが、カフェインの誤認識だったりするのです。

同様に、だるい、風邪っぽいなと感じているものが、実はアレルギー反応の一種ということもありえます。原因不明の体調不良に悩まされている方が、センソリセラピーで良くなることは多いですよ。

例えば、低気圧は自覚しやすい部類だと思います。天気のことだから分かりやすいですよね。急に雨が降ってきたら頭が痛くなったなどは、気圧の変化に対して脳が誤認識している可能性が高いです。

逆に分かりにくいものとしては、電磁波過敏症があります。現代病といわれるもので、空間を飛び交っている電磁波を誤認識してしまい、調子が悪くなってしまいます。

ひどい方の場合、異常に疲れやすくなり寝たきりになってしまうこともあります。

ほとんど全ての人が糖類にエラー反応を示す

センソリセラピーでは、その方の脳が何に対して誤認識をしているかを調べられるので、体調を悪化させている要因を絞り込んで施術することができます。

原因は本当にたくさんあり、今のところ6万種類ほどがデータベースとなっています。もっとも多くの方が誤認識しているのは糖類です。

グルコース、ショ糖、ブドウ糖、乳糖など、糖類にもいろいろな種類がありますが、糖に関してエラー反応がなかった方は、1000人の中に4人しかいませんでした。

私はこれまで1000人以上の方を施術していて、カウントしたのは1000人までなのですが、ほとんどの方は糖類に対して何らかの誤認識をしていることになります。

例えばブドウ糖ならお米のご飯に含まれているように、糖類が含まれていない食事や飲料はほとんどありません。それだけ接触する機会が多いので、だいたいの方は最初の施術で糖類のエラーを解除します。

というのも、エラー反応があると、人によっても差がありますが、広範囲に負担がかかることがあります。

先日施術をしたある方は、肺と心臓、皮膚、胆嚢、脾臓に強い負担がかかっていました。センソリセラピーでは、エラー反応によってどこに負担がかかっているかも分かります。

また、臓器ごとにピンポイントに負担がかかるわけではなく、例えば肺なら呼吸器系全般、心臓なら心臓だけでなく血流や脳神経系にも悪影響がある可能性があります。

よって、普通の食生活をしていれば、毎日口にする可能性が高い糖類への誤認識を優先的に解除していくことになります。

また、アレルギー体質の方は、複数の誤認識を抱えていることが多いです。アトピーだけど花粉症もあって、胃腸の調子も悪くて、ホルモンバランスも乱れている、といったように。

いろいろな誤認識がある中で施術の優先順位をつけることが可能なので、その優先順位にそって解除していくことが多いのですが、施術を積み重ねることで様々な症状が改善されていきます。

食べたり飲んだりしても問題のないものも分かる

なお、エラー反応の解除=施術は、1日に2回までしかできません。脳のエラー反応を正すということをしているので、脳が確実にエラー反応を正せる施術回数が1日に2回までとなっています。

なので、アレルギー体質が強い方や、様々な症状を抱えている方ほど時間はかかります。

また1つ、良くなった事例をお話しします。掌蹠膿疱症(しょうせきほうのうしょう)という、全身の皮膚から大量の膿が出続ける症状を抱えた方がいました。

常に腫れ上がっていて、全身包帯でグルグル巻き。化粧もできず、女性の方だったのですがスカートもはけません。

その方の唯一の関心事は、皮膚に刺激のない包帯をいかにamazonで安く買うかといった感じで、とてつもなく悩み苦しんでいたんですね。

初回の施術で、誤認識されているもの、そうでないものが分かると、その方はストイックにエラー反応が出ているものを断ちました。

その結果として、より早く内臓にかかっていた負担が軽減されていき、施術でエラー反応を解除していく過程で、どんどん症状が緩和されていきました。

このようにセンソリセラピーでは、摂取したり触れてはいけないものだけでなく、摂取したり触れても問題のないものも分かります。

施術は1日2回までしかできませんが、原因となっているものが初回の施術であらかた分かるので、それらを避けるだけでも改善に向かっていきます。

カフェインに誤認識があるなら、調子が悪かったり、疲れているときだけでもコーヒーや紅茶、お茶を控えることで、日々の体調や過ごしやすさは変わってきますよ。

掌蹠膿疱症の方は極端な例ですが、身体に負担をかけている誤認識の原因が何なのか分からないから、風邪なのか、ただの疲れなのか、それともアレルギー反応なのかの判断ができません。

熱っぽくてだるくて、「風邪かな」って思っていても、実は数時間前に食べた何かが原因ということもあり得るわけです。

センソリセラピーの施術の流れ

センソリセラピーの流れについて解説します。ストレステストと呼ばれる方法で、何にエラー反応を示すかを調べます。

でもまずその前に、カウンセリングをさせていただきます。現在ご自身が抱えられている、さまざまな身体、精神の悩みや問題点についてピックアップしていただきます。

カウンセリングが終わったら、右手にリストバンドを巻いていただきます。このバンドから、様々なアレルギー物質をデジタル信号化したものを流します。

でも本人がそれを感じることはありません。ちなみに昔は、カフェインのテストならカフェインを溶液にしたものを皮膚に垂らしていました。

今はさまざまなアレルギー物質がデジタル信号になっているので便利になりました。

その状態で、私がその方の左腕を握り、上から少しだけ力を加えます。

「プッシュアップ」と私が言ったら、左腕に少しだけ力を入れていただき、私の力と均衡するように、壁を作るようにほんの少しだけ腕を持ち上げていただきます。

もしその信号に対して誤認識をしている場合、このプッシュアップでロックが外れます。本人は分かりませんが、私にはその違いが分かりますので、エラー反応を起こしている要因をこれで探していきます。

その後、背中のツボを刺激しながら、その誤認識している物質が問題のないことを身体に覚えさせます。この作業に痛みは一切なく、むしろ気持ちいいという方もいます。

こうやってエラーを解除したら、2時間はその物質に触れないようにしてください。

水以外のものは口に入れずに2時間過ごすことで、半永久的に、施術したものに対しては脳が誤認識するとはなくなります。

再び誤認識してしまう可能性もありますが、滅多にないケースです。また、施術直後にすぐに同じ誤認識をする状態になってしまったことは、今まで一度もありませんでした。

これまでに良くならなかった方にとって新たな可能性

ここまで解説してきた通り、センソリセラピーは他のアレルギーへの対策とはまったく違うアプローチとなります。

薬を塗る、薬を飲む、保湿をするといったやり方は、すでに出ているアレルギー症状への対策です。

それに対してセンソリセラピーは、そのアレルギー症状が起きる原因自体を身体からなくしてしまいます。

よって、これまでに色々なやり方を試しても良くならなかったアレルギー症状を抱えている方は、ぜひ一度試していただきたいです。完全に違うやり方だからこそ、違う結果が期待できます。

また、センソリセラピーはいわゆるリバウンドはありません。既に述べた通り、一度誤認識を解除できれば、その状態は半永久的に続きます。

何年も薬を飲み続けたり、通院し続ける必要はありません。

実際に、何をやっても良くならなくて、病院だけでなく民間療法もいろいろ試した方が、センソリセラピーと出会って良くなったケースはたくさんあります。

ある方は、ステロイド剤のリバウンドで顔が腫れ上がってしまっていましたが、でもセンソリセラピーを受けたら、たった2日で劇的に症状が改善しました。

顔の腫れもなくなり、こんなに短期間で良くなるなんてと感動されていました。その方はその後も継続して通っていただき、1つずつエラーを解除してどんどん状態は良くなっています。

センソリセラピーは、さまざまなエラー反応を引き起こす脳の誤認識を正すものですが、これまでたくさんの方に施術をしてきて、このシステムに当てはまらない方は一人もいませんでした。

また誤認識がまったくない人もいませんでした。誰もが、なんらかのアレルギー症状、エラー反応を抱えて生きているということです。

ただ、これまでの施術経験を通じて、症状の改善スピードが人より遅くなってしまうケースはありました。

たくさんの誤反応があるなかで、その方の脳や身体にとって優先順位が高いもの・解除した方が健康になるものから施術していきます。

人によっては「コーヒーを飲みたいから、カフェインから先にやってください」というように、症状の重さや優先度以外の理由で解除する順番を決めることがあります。

このようなケースでは、身体の調子が良くなるまでに時間がかかってしまうことがあります。ただ、このような方も継続して通っていただければ、解除が進んでいく中で症状が軽減し、健康になれます。

まとめ:この世界からアレルギーをなくしたい

私の目標は、この世界からアレルギーをなくすことです。私自身がセンソリセラピーと出会う前は、さまざまなアレルギー症状に悩まされていました。

私と同じように、アレルギー症状に悩んでいる方は、ぜひ一度センソリセラピーを受けていただきたいです。

また、皮膚が腫れたり、咳やくしゃみが出るといった分かりやすい症状がなくても、先ほどあげた糖類のように、ほとんどの方がなんらかのエラー反応で臓器や身体に負担をかけています。

どんな整体に行っても治らなかった猫背が、センソリセラピーを受けたら改善されたケースもありました。内臓への負担がなくなったら、自然に胸郭が開いて姿勢が良くなったのです。

もし原因不明の不調を抱えているなら、なんらかの誤認識があるかもしれません。そういった方にもセンソリセラピーをお勧めします。

 

センソリセラピー専門サロンミラクルシャイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です