2か月で花粉症、猫アレルギー、肩こりが半ば消滅!【センソリ改善例】

センソリセラピーによる、アレルギー、過敏症専門サロンを埼玉県の浦和で運営している返田麗子です。

今回は花粉症や鼻炎など、複数のアレルギー症状で苦しんでいた、東京都にお住まいの20代の男性の改善例を紹介します。

●初回検査時の状態●

お名前:K・S様
年齢:20代
性別:男性
お住まいの都道府県:東京都
初回来院時期:2020年1月

▼ご本人が感じている症状

K・Sさんは幼少期から鼻炎で、年中が鼻が詰まっていました。

また、花粉症の症状もあり2~5月は特に症状が悪化しました。さらに秋の花粉症もあるため、ほとんど1年中何らかの花粉アレルギーに苦しんでいる状態でした。
薬を飲んでもあまり効果がなく、服用しているにも関わらず辛い症状が出ていました。

加えて、猫アレルギーやハウスダスト、寒暖差アレルギーの自覚症状もあり、中学生くらいから肩こりもひどいとのことでした。

ここ3~4年は疲れやすくて疲労が抜けにくく、朝起きるのが辛いとのことでした。

▼私が見た最初の印象

初めてお会いしたときの私の印象でも、かなり鼻が詰まっていて鼻声で、しょっちゅう鼻をすすっており、ひと目見て呼吸器系の症状がお辛そうでした。

●初回検査でヒットした主な誤認識

  • 糖類
  • カフェイン
  • ビタミンAとD
  • 乳製品
  • 建材
  • ダニ
  • カビ
  • ホコリ
  • 花粉
  • 黄砂
  • 大気汚染物質
  • 気圧変化
  • 気温差
  • 空調
  • 乾燥

●第1クール(2020年1月~2月)の施術内容

▼誤認識の解除順

糖→黄砂→カフェイン→コーヒー→植物フェノール→イエダニ

▼お客さまの変化、経過

糖と黄砂を解除した段階で、これまで多く食べていた甘いものへの執着がなくなり、食べる回数が減りました。また、自覚があった黄砂の喉や目への不快感もなくなりました。

さらに、これまでは寝不足が体調不良に直結していたところ、少しくらい睡眠時間が短くても体調が安定するようになりました。

カフェインとコーヒーを解除後は、自然にコーヒーを飲む量が減ったとのことで、缶コーヒーを毎日買わなくなりました。

ここまでの解除をした時点で2月の中旬ですが、例年は花粉症が出始めるところ、自覚症状はなし。

●第2クールの(2020年2月~3月)施術内容

▼誤認識の解除順

花粉関連項目→食物フェノール→サリチル酸→乾燥→酵母菌

▼お客さまの変化、経過

花粉関連項目と食物フェノールの解除をしたのが2月下旬ですが、スギやヒノキの誤認識を解除したわけでもないのに、ようやく出始めた花粉症の辛さは例年の半分ほど。

※センソリセラピーの誤認識解除は、解除直後から2時間はその物質や現象に触れてはいけないため、すでにその花粉が飛んでいる可能性がある時期には解除は行えません。

サリチル酸を解除した3月上旬には、花粉症の症状がほとんど気にならないようになりました。

また、まだ解除していない猫に対する反応もなくなり、ご本人が一番びっくりしていました。以前猫カフェに行ったとき、くしゃみや鼻水が翌日まで続いていたのに、猫を飼っている友人宅に行ってもまったく症状が出ません。

酵母菌を解除した時点で、、ひどい肩こりも解消されてきた実感がありました。

●まとめ

花粉症が主訴のお客様で、なおかつ初回のご来店時が1月下旬であったため、ご来店前の確認事項として、

「スギやヒノキといった項目は今シーズンは解除が出来ません。ですが、花粉症の症状でお困りの方で、スギやヒノキ【のみ】を誤認識して症状が出ている…といった方は、これまで1000人以上のお客様のセンソリをした経験から言うと、見たことがありません。

黄砂・ダニ・カビ・ホコリ・気温差・体質に合わない食品などを施術することで、スギやヒノキを解除しない状態でも、花粉症の症状が軽減する可能性は十分にあります」とお伝えしていました。

スギやヒノキを解除せずとも、症状が軽減するならぜひ!と快諾いただけたので施術を開始しましたが、まさにその通りの結果となり

昨年までは薬を飲んでいても辛い症状に悩まされていたのに、今年は薬を飲まずにいられるのに、症状がほとんど気にならない状態までもっていくことが出来ました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です