気圧変化による体調異常を改善!メカニズム・和らげる・予防法方法も紹介

日本で3000万人以上の方が気圧変化で偏頭痛のような体調不良に悩まされてるデータがあります。

「気圧の変化でよく体調を崩す」

「体調を崩してしまうのは気圧変化のせいかもと思っている」

という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、気圧変化と体調変化のメカニズムについて紹介していきます。

気圧の変化に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。 

気圧変化で体調を崩すメカニズム

基本的に気圧変化で体調を崩す場合は低気圧のことが多いです。

低気圧は曇りや雨、台風などの時になる傾向があり、低気圧の状態が長く続いた場合、体調に支障をきたします。

低気圧は高い山に登ったのと同じ状況です。

低気圧になると空気の圧力が低くなり、身体にかかる圧力も低下するため、身体は膨張します。

それにより血液などが圧迫されるのです。

また、身体の水分が細胞や血管の外に滲み出て、体に「むくみ」が生じるため、身体が重だるく感じる事となります。

気圧変化が原因の体調異常の特徴

低気圧の作用により、体内は膨張するような状況に陥ります。

その影響で体内では、頭痛・むくみ・倦怠感などの症状が現れるでしょう。

また、喘息や心臓病などの持病を持っている方は症状が悪化する傾向が見られます。

その為、持病を持っている方で気圧変化にも弱い方は体調の変化に注意してください。

乗り物酔いしやすい人は気圧変化に注意

気圧変化に弱い体質の方は、乗り物酔いしやすいという傾向がみられます。

その為、幼い頃から乗り物酔いしやすい子は将来的に気圧変化に悩まされる可能性が高いのです。

気圧変化で体調を崩したとしてもセンソリセラピーなどを根気強く行えば改善することができます。次の気圧変化の体調異常を和らげる方法を参考にしてみてください。

気圧変化が原因の体調異常を和らげる3つの方法

 気圧変化が原因での体調異常は対策を行うことで症状を和らげることが可能です。

  • 酔い止めなどの薬を服用する
  • ツボを刺激する
  • センソリセラピーに通う

対処方法は主に上記の3つ。

実行しやすく、自分にもあっている対処法を選んで気圧変化への対策を行いましょう。

酔い止めなどの薬を服用する

気圧変化での体調不良は乗り物酔いなどの状態と似ている傾向がある為、同じ薬で症状を和らげることが可能です。

あまりにも症状がひどい場合は「抑肝散」などの漢方薬を使用することをおすすめします。子供には少し苦く感じるものかもしれませんが、効果は絶大なのでぜひ利用してみてください。

ツボを刺激する

ツボを刺激して血行を良くするのも気圧変化の体調異常を和らげる方法のひとつです。

手軽に行えるものとしては、 両手首に存在する内関と呼ばれるツボと足の人差し指にある、れい兌と呼ばれるツボ。

お風呂に入っている時や朝起きた時などに押してツボを刺激してみてください。

センソリセラピーに通う

センソリセラピーは、「気圧変化」「雨による大気の変化」「湿度・湿気」「湿った冷気」「気温差」の各項目の施術により、気圧変化・台風や湿度にも負けない身体を手に入れることが出来ます。

学校や会社を休まなければいけない程、低気圧や台風による悪影響が出ていた方が、これらの項目を施術した事により、「全く影響を受けなくなった!」「気圧予報アプリに頼る必要がなくなり、削除しました!!」…などの喜びや驚きのお声を数百人以上の方々からいただいております。

海外でも多くの実績をもつセンソリセラピー。現在日本でも人気を集めている療法なので是非センソリセラピークリニックに足を運んでみてください。

関連記事:薬を使わないアレルギー療法、海外でも注目されるセンソリセラピーとは?

気圧変化でも体調を崩さない3つの予防方法 

気圧変化による体調不良は正しく対策を行うことで、事前に予防を行うことが可能です。

  • アプリで気圧変化の管理
  • 水質代謝を上げる
  • 十分な食事・睡眠をとる

上記の3つのように比較的すぐに実行できるものばかりなので、ぜひ実践してみてください。

アプリで気圧変化の管理

気圧変化を管理して事前に知らせてくれる「頭痛ーる」と言うアプリがあります。

体調の変化などもグラフで紹介してくれる為、事前に気圧変化の体調不良に備えることができるのです。

ボタン一つでダウンロードできるので、少しでも気圧変化に悩んでいる方は是非アプリをスマホに入れてみてください。

頭痛ーる公式サイト

https://zutool.jp/

水質代謝を上げる

水分を豊富に摂取すると言うのもとても重要な予防策です。

人間の体は60〜70%水分からできています。その為、水分の摂取量次第では気圧が原因での体内の圧迫を和らげることができるのです。

しかし、冷たい水分を過剰に摂取するのは注意してください。

胃腸などに負担をかけて、別の体調不良の原因となる可能性があります。

量的には1日2.5L~3.0Lを目標に摂取することをおすすめします。

十分な食事・睡眠をとる

食事や睡眠など十分にとり、規則正しい生活を送ることで血行の促進などに繋がり症状を予防することができます。

いつもより1時間ベットに入る時間を早くして7時間以上の睡眠を意識してください。

気圧変化の体調不良以外にも様々な効果が期待されるでしょう。

まとめ:気圧変化の体調異常は改善できる

気圧変化での体調不良は諦めていた方も多いと思います。

しかし今回紹介したような対策を徹底的に行えば、確実に症状を和らげることができるでしょう。

気圧は気象に関係することなので、一生関わるものとなります。

日頃から予防と対策を確実に行い、ストレスのない暮らしを送りましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です