水アレルギーの症状・原因・対処法を詳しく解説!水道水に含まれる成分とは

生活に欠かせない物質であり、生物との因果関係が強い「水」。人間の体の約70%が水分と言われており、生命を維持するために欠かせません。

毎日必ず使用する水ですが、水が花粉のようなアレルゲンとなり体調不良を引き起こす水アレルギーというものがあります。

そこで今回は、水アレルギーについて詳しく紹介していきたいと思います。

「水アレルギーについて知りたい」「どんな症状があるの?」と思っている方は是非参考にしてみてください。

水道水でも発症してしまう水アレルギーとは

水アレルギーは体内ではなく、基本的には皮膚などの表面に現れます。そのため、「飲む」などの行動では症状が現れることはほとんどありません。

水アレルギーの症状が露わになるのは物理的に水が皮膚に触れた時だと言われています。

水アレルギーの原因や症状など深掘りしていきます。

水アレルギーが発症する原因

水アレルギーは遺伝が原因で発症すると言われていますが、確証となるエビデンスがありません。

何より水アレルギーを発症した方は世界で100人未満と圧倒的に患者数が少ないのです。症状などはとても似ていますが、明確な原因・特効薬などはまだ解明・開発されていないのが現状です。

水アレルギーの症状

水アレルギーは自分の涙・唾液(よだれ)にも反応し、症状が現れます。水が触れた箇所は15分ほどたった後に赤く腫れ上がり、痒み・激痛を伴います。

2時間程度で治ると言われていますが、患者さんは「症状が治るまでの時間が地獄のように辛い」と口を揃えて話します。

※水には反応しないが、自分の涙・唾液には反応して目や皮膚に症状が出るという方もいます。

水道水に含まれている成分

水道水には水を消毒するために塩素が豊富に含まれています。涙やよだれなどでは症状が現れないが、水道水が肌に触れた時に何らかの症状が現れる場合は、水では無く塩素がアレルゲンとなっている場合もあります。

「水アレルギーかもしれない」「水道水が触れると体調を崩す」などの症状がある方は、自己判断せずにすぐに病院で診察を受けてください。

アレルギーの方は海外の水道水は厳禁

水はその他のアレルギーともとても深い関係があります。アトピー性皮膚炎・食物アレルギー・気管支喘息などのアレルギーを有している方は注意が必要です。

免疫が低下している時に多くの化学物質が含まれている水を摂取することで、症状が悪化してしまう場合があるのです。

日本は世界トップクラスの水の綺麗さを誇りますが、海外は水回りの清潔度が保証されていません。そのため、海外の水道水を使用する時は最善の注意を払うことが重要となります。

水道水が原因でのアレルギーの悪化を防ぐための2つの対処法

水道水が原因でのアレルギーの悪化は絶対に防ぎたいですよね。アトピー性皮膚炎・食物アレルギー・気管支喘息などは長期的に向き合って行かなくてはいけないアレルギー。少しでも症状を緩和させるためにも水の性質にこだわることが大切です。

そこでここでは水が関連するアレルギーの悪化を防ぐための2つの対処法について詳しく解説していきます。

浄水器を使用する

水道水に含まれている成分を取り除くために、浄水器を使用するのがおすすめです。浄水器を使用することで不純物を排除することが可能で、アレルギー患者の方が水を使用する時には綺麗な水を摂取・利用できます。

定期的にフィルターなどを交換する必要がありますが、症状を抑えることができるのであれば、惜しまず行うべきでしょう。

気軽に行える対策だと思うので、是非利用してみてください。

センソリセラピーを利用する

水アレルギー、涙・唾液、その他のアレルギーで悩んでいる場合は、一度センソリセラピーに通ってみることをおすすめします。

センソリセラピーは多くのアレルギー患者の症状を緩和させることに成功してきた実績があり、世界的にも多く症例のある治法です。

近年日本でもセンソリセラピーが体験できるお店が増えてきたので、是非自宅近くにセンソリセラピーサロンがないか調べてみてください。

水アレルギーに関して センソリセラピーでの事例・症例より≫

「水道水」にエラー反応がある方は少なくありません。特にアトピー性皮膚炎やぜん息などの症状をもっておられる方は、エラー反応している可能性が高くなると言えます。

水道水の塩素やトリハロメタン・クロロホルムなどの化学物質に特に反応していることが多いです。

「水道水」「お湯」「湿度・湿気」といった項目を施術することで、アトピー性皮膚炎の方はお風呂で痒くなってしまうということがなくなり、皮膚の状態が良くなります。

また、掻いてはいけない!と思うあまり、お風呂のシャワーを必要以上に強い水圧にして全身に浴びないと満足出来なかったアトピーの女性は、これらを解除した後、自然にシャワーを弱い水圧にすることが出来ました。

それによって皮膚への刺激が軽減し、皮膚の状態が改善しました。

ぜん息の方も、お風呂で息苦しくなってしまい長湯は出来なかったのが、そのような感じがなくなり、お風呂でほっと息をつけるようになったり、リラックス出来るようになった!というお声が多数寄せられています。

まとめ:アレルゲンを明確にするためにもアレルギー検査を行おう

水アレルギーは症例数がとても少ないため、1つの病院では水アレルギーと断定されないことがあるでしょう。その場合は、1つの病院にこだわらず複数の病院で診察してもらうことをおすすめします。

また、水アレルギーは対処法が現在ないアレルギーです。

医学が発展してくるまで、原因が明確になるまで長期的に向き合って行かなくてはいけないでしょう。

そのため常に最新の情報を取り入れるためにもアンテナを張っておき、悪化しないように清潔な水の使用、アレルゲンとなる水をなるべく触れないようにするなどの対策を行いましょう。

アレルギー検査の記事に関してはこちらを確認してください。

view39(アレルギー検査)とは?費用・検査項目・注意点などを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です